2012年05月04日

ポリフェノールの働きと効果

ポリフェノールという言葉を
皆さん一度は耳にした事があるのではないでしょうか?


実際の所、どのような効果があって、
どのようなものに含まれているかご存知でしょうか?


ポリフェノールには、抗酸化作用があり、
呼吸によって体内に取り込まれた酸素のうち、
エネルギー生成に使用されず「活性酸素」となったものは、
身体を酸化させてしまいますexclamation


この活性酸素を抑制して、酸化を防ぐ効果や、
脳梗塞動脈硬化にも効果があるとされていますグッド(上向き矢印)


今では、糖尿病にも効果があるとされているのですが、
ポリフェノールの効果が期待できるのは、
わずかな時間だけですあせあせ(飛び散る汗)


そしてポリフェノールには種類が存在しますひらめき


例えて言うなら、ビタミンって、ビタミンAビタミンCなど種類がありますよね?



これと同じような感じですexclamation


ポリフェノールというものが有名になったきっかけは、
フランス人の死亡率が関係してきていますひらめき


フランス人は脂肪分(動物性脂肪やチーズなど)を
多く摂取しているにも関わらず、心臓病脳梗塞
動脈硬化での死亡率が低いことから、
フランス人にとても馴染み深い、ワインが注目されましたグッド(上向き矢印)

imagesCA2BZQWJ.jpg

そのワインの中の成分であるポリフェノール
動脈硬化などに効果があるという事が分かり発表されましたexclamation
※実際にはワインに使用されるブドウポリフェノールが含まれています。



更にそこから、研究が進み、
殺菌作用抗アレルギー作用など様々な効果がある事が発表されましたexclamation


効果があるとされている、主なものを上げていきますねるんるん


・血中のコレステロールを抑制(高血圧の予防)

・脳梗塞や動脈硬化の予防

・活性酸素の抑制

・肝機能の向上(肝機能が向上することにより脂肪を分解する機能も向上)

・ホルモン促進作用

・殺菌効果

・糖尿病の改善

・抗酸化作用(細胞の老化を防ぐ)

・がん予防(消化器系)の効果



実はポリフェノールはどの植物にも含まれているもので、
野菜果物には必ず含まれていますぴかぴか(新しい)

imagesCA70QTMO.jpg

只、それぞれに含まれるに違いがありますひらめき


ポリフェノールが多く含まれている特徴としては、
渋みや苦みが強いもの植物の色が濃いものがあげられ、
その中でも、表皮種子に多く含まれていますグッド(上向き矢印)



ポリフェノールが含まれている物で、
代表的なものとしては、


緑茶、赤ワイン、大豆、ゴマ、ブルーベリー
りんご、苺、柿、タマネギ、生姜、ムラサキ芋、
プルーン(乾燥したプラムの事)、ウコン
チョコレートやココアなどに使われるカカオ



などがあげられますexclamation



ポリフェノールの特徴としては、
熱に強く壊れにくいので調理するとなるとかなりしやすいです(*^^)v


そしてポリフェノールは皮の部分に多く含まれていて、
果物などを食べるときは皮ごと食べられるものを選ぶと良いかもしれませんぴかぴか(新しい)



ポリフェノールが体に良いからと言って、
これだけに偏るのはやはり良くありません…


チョコレートなんかでも食べ過ぎてしまうと、太ってしますし、
あまり良いことはありませんバッド(下向き矢印)


適度に摂取することで、とても効果を発揮してくれますグッド(上向き矢印)


只、ポリフェノールの効果の持続効果は3〜4時間と短いですあせあせ(飛び散る汗)


かと言って神経質になって摂取する必要もないと思いますので、
お茶の時などに意識して1日3回くらいの摂取をしてみては如何でしょうか?



今ではサプリメントなどもありますので、
興味のある方は、サプリから摂取してみてはどうでしょう?


サプリなら飲むだけで楽ですしね(*^_^*)



アンチエイジングとは!?

老化が気になる…
エイジングケア、肌の若返りの事ならコチラ↓

diet.jpg

PS.

楽天ランキング
ダイエット部門


2位、3位、4位独占獲得!

楽天ランキング切り取り.JPG
自然由来有効成分、
お徳なサプリメントなら
通販サイトKirei↓
その他、話題の限定商品も!?
KIREIサプリメント.gif

携帯の方はコチラから
人気ブログランキングへ
posted by Kirei at 21:44| Comment(0) | ポリフェノール 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
株式会社ディアーズ 橋本慶一

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。