2012年06月12日

ストレス予防は栄養からでも解決!

ストレスと栄養は無関係のように思われるのですが、
意外と深い関係がありますexclamation×2


ストレスの影響で特定の栄養素が消耗したり、
特定の栄養素の助けが必要になったりしますひらめき



過度のストレスが長い間続いてしまうと、
栄養障害になってしまうケースもありますふらふらあせあせ(飛び散る汗)



ストレスが関係する栄養素はたくさんありますexclamation
例えば、脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖ストレスによって
血液からの供給量が足りないと脳の活動が低下しますバッド(下向き矢印)



ストレスにさらされてしまうと、その状態を改善してか体の中の働きを保とうとし、
カテコールアミン(副腎髄質ホルモン)副腎皮質ホルモンが活発に分泌されるのですが、

ストレス ホルモンバランス.jpg

これらを体内で合成するためにはビタミンCが必要でするんるん



そしてストレスが多くなるとそれだけたくさんのビタミンCが必要になりますexclamation×2



カテコールアミンや副腎皮質ホルモンが分泌されると
たんぱく質の分解が進み尿中の窒素の排泄量が増えますひらめき



ストレスによってたんぱく質の消耗が増しますので、
十分たんぱく質を摂取することが必要となってきますグッド(上向き矢印)

たんぱく質2.jpg

またカルシウムには脳細胞の興奮を抑えて気持ちを落ち着かせる作用があるので
十分なカルシウムを摂ることで精神の興奮を抑えストレスに対して強くなることができますぴかぴか(新しい)



ストレスによって抗酸化機能が低下してガン
動脈硬化などの生活習慣病の誘発や促進に繋がってしまうのですが、



それを防ぐためには抗酸化ビタミンのビタミンCやビタミンE
β−カロチンを不足しないように気を付けることはとても重要ですexclamation×2



ビタミンB群(B1・B2・B6・B12・パントテン酸・ナイアシンなど)抗ストレス作用があり、
またたんぱく質や細胞の新生に関わったり糖質の代謝を助けたりしまするんるん



ある種のストレスにさらされると
カルシウムとマグネシウムの尿中排泄量が増えますグッド(上向き矢印)


これは、腎臓の働きが変わったり細胞の活動が低下することの影響と
考えられていると言われていますひらめき



普段からストレスを感じている人は積極的にビタミンC・ビタミンE・β−カロチン・良質たんぱく質・多種のミネラル・ビタミンを十分に摂取したいところですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

緑黄色野菜.jpg

この為には、緑黄色野菜を十分に各種の野菜や果物・良質たんぱく質を含む肉・魚・卵・牛乳・乳製品・芋・豆・海藻・根菜類などを朝昼夕の三食でバランスを考えて摂るように心掛けることをおススメしまするんるん


アンチエイジングとは!?

老化が気になる…
エイジングケア、肌の若返りの事ならコチラ↓

diet.jpg

PS.

楽天ランキング
ダイエット部門


2位、3位、4位独占獲得!

楽天ランキング切り取り.JPG
自然由来有効成分、
お徳なサプリメントなら
通販サイトKirei↓
その他、話題の限定商品も!?
KIREIサプリメント.gif

携帯の方はコチラから
人気ブログランキングへ


pps.

Kirei美容事務局のKireiファンページを始めましたるんるん
宜しければコチラの方も宜しくお願い致します(´∀`)/
http://www.facebook.com/kireibeauty
posted by Kirei at 15:47| Comment(0) | ストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
株式会社ディアーズ 橋本慶一
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。