2012年03月21日

泡洗顔

泡洗顔.jpg

泡洗顔でキレイに洗顔をするコツとしては、
泡がすべてといっても間違いないでしょうexclamation×2


知っているかもしれないのですが、
きっちりきめ細かく、泡立てられた泡で油性マジックの汚れを包み込んで、
なでると、汚れは見事に取れますどんっ(衝撃)


肌にも同じようなことが言えますが、
メイクがの油が泡でドンドン奇麗に取れて行きます。



細かいキレイな泡の方が洗浄力が上がるようです。


細かい泡をキッチリとたてることをおススメしますよexclamation×2


泡立て用スポンジを利用すると、
きめの細かい良い泡が簡単に作れまするんるん


十分に泡を立てずにゴシゴシと洗う方がいますが、
肌を傷めたり、場合によってはこすり過ぎて、
摩擦黒皮症といった、肌が黒くなる原因にも繋がってしまいます失恋



洗う時は、顔を優しく撫でるように洗うことをおススメします揺れるハート


手や指で洗うのではなく、
泡で洗うような感じです。



泡が汚れを包み込んでくれ、キレイになります。


洗顔する時の温度はぬるま湯で!
ぬるま湯で洗顔.jpg

温度が高すぎると、皮脂を取り過ぎて
肌に余計な刺激を与えてしまいますので、
ぬるま湯にで洗うようにしてみては如何でしょう?(*^_^*)




アンチエイジングとは!?

老化が気になる…
エイジングケア、肌の若返りの事ならコチラ↓

diet.jpg

PS.

楽天ランキング
ダイエット部門


2位、3位、4位独占獲得!

楽天ランキング切り取り.JPG
自然由来有効成分、
お徳なサプリメントなら
通販サイトKirei↓
その他、話題の限定商品も!?


KIREIサプリメント.gif

携帯の方はコチラから
人気ブログランキングへ
posted by Kirei at 18:29| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

肌の手入れをする前に!

ここ最近では、年齢に合わせた
スキンケアが多くなったような気がします。


ですが、それを使うだけでは年齢別の手入れも必要!

そもそも年齢によってお肌の気になる
部分が違うということですよね。

20代はニキビや毛穴にて、

30代では敏感肌に、

40代では乾燥が気になる人が増えます。


年齢と共に、刺激に弱くなったり、
肌細胞もゆっくり生まれ変わるようになります。


皮脂の分泌も減ってしまうので、これは乾燥肌になってしまいます。


ですから、加齢と共に肌質が変わってしまい、
乾燥肌になってしまうケースもあります。


自分は若いからって思っていると…


10年後、20年後には肌の手入れをしていた人と
そうではない人の差って出てきちゃいます(>_<)


正直なお話、シミやシワはできてしまってからでは、
改善するのにかなり時間が必要になってしまいます。


だからこそなんですけど、
年齢に合わせた肌の手入れが必要ということなんですね。


20代では毛穴やニキビをケアして、30代ではダメージに負けないような肌ケアを、

そして40代では乾燥に負けないようなアンチエイジングを、

そして特に重要かなっという事は、
洗顔です。


20代から水分補給をきちんとして、
汚れをしっかり落とすようにして、
バランスの良いお肌を保つようにすると良いと思います。

アンチエイジングとは!?

老化が気になる…
エイジングケア、肌の若返りの事ならコチラ↓

ぬるま湯で洗顔.jpg


40代からは、乾燥しないように水や一肌よりぬるいお湯でゆっくり丁寧に洗顔をして、
乾燥ケアをしていくと良いと思いますよよ(*^_^*)



diet.jpg

PS.

楽天ランキング
ダイエット部門


2位、3位、4位独占獲得!

楽天ランキング切り取り.JPG
自然由来有効成分、
お徳なサプリメントなら
通販サイトKirei↓
その他、話題の限定商品も!?


KIREIサプリメント.gif

携帯の方はコチラから
人気ブログランキングへ
posted by Kirei at 18:46| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

ストレス予防は栄養からでも解決!

ストレスと栄養は無関係のように思われるのですが、
意外と深い関係があります。

栄養.jpg


ストレスの影響で特定の栄養素が消耗したり、
特定の栄養素の助けが必要になったりします。



過度のストレスが長い間続いてしまうと、
栄養障害になってしまうケースもあります。



ストエレスが関係する栄養素はたくさんあります、
例えば、脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖はストレスによって
血液からの供給量が足りないと脳の活動が低下します。



ストレスにさらされてしまうと、その状態を改善してかあrだの中の働きを保とうとし、
カテコールアミン(副腎髄質ホルモン)や副腎皮質ホルモンが活発に分泌されるのですが、
これらを体内で合成するためにはビタミンCが必要です。



そしてストレスが多くなってしまうと、
それだけたくさんのビタミンCが必要になります。



カテコールアミンや副腎皮質ホルモンが分泌されると
たんぱく質の分解が進み尿中の窒素の排泄量が増えます。



ストレスによってたんぱく質の消耗が増しますので、
十分たんぱく質を摂取することが必要となってきます。



またカルシウムには脳細胞の興奮を抑えて気持ちを落ち着かせる作用があるので
十分なカルシウムを摂ることで精神の興奮を抑えストレスに対して強くなることができます。



ストレスによって抗酸化機能が低下してガンや
動脈硬化などの生活習慣病の誘発や促進に繋がってしますのですが、



それを防ぐためには抗酸化ビタミンのビタミンCやビタミンE、
β−カロチンを不足しないように気を付けることはとても重要です。



ビタミンB群(B1・B2・B6・B12・パントテン酸・ナイアシンなど)は抗ストレス作用があり、
またたんぱく質や細胞の新生に関わったり糖質の代謝を助けたりします。



ある種のストレスにさらされると
カルシウムとマグネシウムの尿中排泄量が増えます。


これは、腎臓の働きが変わったり細胞の活動が低下することの影響と
考えられていると言われています。



普段からストレスを感じている人は積極的にビタミンC・ビタミンE・β−カロチン・良質たんぱく質・多種の

ミネラル・ビタミンを十分に摂取したいところです。



この為には、緑黄色野菜を十分に各種の野菜や果物・良質たんぱく質を含む肉・魚・卵・牛乳・乳製品・芋・豆

・海藻・根菜類などを朝昼夕の三食でバランスを考えて摂るように心掛けることをおススメします♪


PS.

自然由来有効成分、
お徳なサプリメントなら
通販サイトKirei↓
その他、話題の限定商品も!?

http://www.kirei2011.com/

携帯の方はコチラから
人気ブログランキングへ
posted by Kirei at 18:55| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
株式会社ディアーズ 橋本慶一

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。